英会話の語順を学ぶ

英会話を学ぶために英語学習を始めた初心者は、言いたいことを日本語で考えて、それから英語に直して話す傾向にあります。初めから言いたいことが英語で浮かぶというのがベストですが、初心者であれば英語の単語を思い浮かべるだけでも一苦労という場合も多いでしょう。特に英語は、語順が日本語と全く違うこともあり、英文を組み立てることにも労力を使ってしまいます。英語に慣れていない場合は、「脳内で日本語の語順を思い浮かべない」「初めから英語の語順で組み立てる」という訓練が効果的です。

英語は、「主語+動詞」が絶対的な形式です。「誰が、~する」をベースに、「~を、どのように、どこで、いつ」といった情報を付け加えていきます。具体的には、「私はギターを弾きます」という文章があった時に、英語では「私は、弾きます、ギターを」という語順に変わります。簡単な文章の場合はすぐに置き換えができますが、文が長くなれば悩んでしまうこともあるでしょう。語順で迷わないよう、普段から英語の語順で考える癖をつけることは効果的です。

訓練としては、日本語で思ったことを英語の語順に置き換えていくだけです。例えば「明日、映画を観よう」と思った時には、「私は、観る、映画を、明日」と置き換えます。この時、余裕があれば英語に直して考えてみても良いでしょう。日本語は、主語を省略するという特徴があります。面倒ではありますが、しっかりと主語をつけて「英語の語順」で考え直すことで、文法に慣れることができるでしょう。同じ英語学習者と会話をしてみることも効果があります。ただし、この方法は初心者が「英語の語順に慣れるため」に行う方法です。ある程度慣れている人は、英語が口から自然に出るための練習を行った方が効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です