メッセージのやり取り

英語学習において、実際に英会話をすることは非常に有効です。同時に、ライティングやスピーキングの学習として、「英語でメッセージのやり取りをする」という方法も効果的と言われています。

メッセージのやり取りは、英語を正しく使える相手ならば誰でも問題ありません。外国人である必要はありませんが、異文化を学びたいという人は、日本以外で暮らす人を探してやり取りをした方が良いでしょう。やりとりは、メッセージ(文面でのやり取りができるもの)であれば、ツールは何でも構いません。やり取りは長文で行うよりも、短めの文章でなるべくリアルタイムで行えれば効果的です。文章が長くなればかしこまってしまうことも多く、実際のやり取りから遠ざかってしまうこともあるそうです。英会話をする時が口頭であるのに対して、メッセージは文面で行うという違いだけで、やっていること自体はほとんど変わりません。ただし、メッセージは「文章として残る」という利点があるので、分からない単語を調べることもできますし、考える時間にも余裕があります。後から何度でも読み返すこともできますし、実際に会うわけではないので時間にも融通がききます。メッセージのやり取りをするメリットは、「生きた英語を吸収できる」ということです。相手がよく使う表現を真似できますし、流行っている言葉などを学ぶことができます。この時、なるべく「正しい英語」を意識することが大切です。意識をし過ぎるのもよくありませんが、文字であればスペルの検索も簡単に行えます。活用していきましょう。相手を探す時は、SNSなどを使えばすぐに見つかります。お互いの言語を教え合う、言語学習に特化しているアプリもあるようですので、使いやすいものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です