アイディアも大切

英会話は会話なので、脳の想像力を鍛えるというのも大切だそうです。
レオナルド・ダ・ビンチは「混ざらないものを混ぜてみた」という言葉をノートに残していることからも分かる通り、関係ないものを組み合わせてみるというのは、脳の活性化に役立つそうです。
ひらめきというものは発明に必要ですが、普段の会話にもひらめきがあった方が良いと思いますし、会話が弾むというのもひらめきがたくさんある人の方がより弾みやすくなるのではないでしょうか。
とりあえずいろんなことを混ぜてみると、会話の幅も広がるかもしれません。
脳の柔軟性を養うためにどんどん違うことを組み合わせて考えさせるという子供の教育方法があるそうですので、大人になってもいろんなことを組み合わせて考えるというのはとても有効だと考えられます。
極端な例えになってしまいますが、スフィンクスはライオンと人間、人魚は魚と人間、いちごと大福でいちご大福というように、意外性のあるもの同士をどう関連付けていくかというのは頭の体操になるかと思います。
発明を趣味とする人もとても若々しい脳の持ち主だと聞きます。
英会話も柔軟な脳が必要だと考えています。
英会話ですから、論文を書くつもりでやるよりも、会話を楽しむために習得する方がいいかと思います。
自分が好きなことを英文にしてみるとか、趣味を英語で考えてみるとかをやってみるのもいいかと思います。
好きなことを英語に翻訳するというのも、関係ないものを組み合わせることでもあるかと思います。
好きなものをわざと海外版を買ってみて取り組んでみると、使い方を知っているところもあるので、英語で書かれているものを見ても意外にできるという発見もあるかと思います。

常にトレンドの先端にある銀座界隈での英会話スクールなどを探してみると、そうした柔軟な脳を鍛えることが出来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です